葉酸のサプリを選ぶなら、天然と合成、どっち?

葉酸のサプリを選ぶなら、天然と合成、どっち?

葉酸は、厚生労働省が摂取を推奨してから、妊婦さんや、妊活中の女性を中心に、急速に関心が高まっている
成分です。日常の食事でも摂取することは可能ですが、手軽にサプリメントでの摂取を望む人が増加しています。
葉酸は、日本人が普段の食事で利用する食材に多く含まれています。特に、緑黄色野菜などの濃い緑色の
野菜や、大豆製品等に多く含まれるため、通常の食事でも、成人の男女の必要量は、ほぼ補えます。
しかし、忙しい現代では、不規則な食事や外食、または偏食などにより、一日に十分な量を摂取できない方も多いのが
現状です。また、妊娠中や、授乳中の女性は、成人の倍近い量が必要なため、必要な量の摂取が難しく
なる場合もあります。

 

そのような方を対象に、昨今では様々なサプリメントが市販されています。葉酸サプリメントの原材料は、大きく
分けると、天然由来のものと合成原料の2種類です。これから葉酸サプリメントを摂取したいと思ったら、どちらの
サプリメントが、より安心で、効果的に葉酸を摂取できるのでしょうか?

 

 

○合成原料を使ったサプリメント
葉酸の必要性が広く知られ、多くの人が葉酸サプリメントを求めるようになったために、入手しやすい低価格の
サプリメントも販売されています。
続けやすい、あるいは最初は試しにといった理由で、低価格のサプリメントを選択するのは、決して間違いとは言えません。
けれど、なぜ選んだサプリメントが低価格で販売されているかを、購入前によく吟味するに越したことはないのです。
上質の原料を使っていても、大量生産をする事で、求めやすい価格で、品質に優れた商品の販売を実現している
販売元もあります。
その反面、もともと安価な原材料を使用しているために、低価格で販売可能なサプリメントも、少なからず存在するのです。
葉酸サプリメントも例外ではなく、天然由来の原料と、合成原料を使ったものが存在し、販売価格にも幅があります。
合成成分が全て体に良くないという訳でないのですが、中には、天然由来成分を原料にするよりは、合成成分の方が単に
原価がかからないという理由だけで、低価格で流通させている商品もあるのです。
本来、人間の体は不要な物を排除する機能を持っています。ただ摂取した量や、年齢、個人の体力、によって、排除しきれない
場合もあり、不要物が蓄積すると、体調の不良や病気の原因になりかねません。サプリメントを購入する際は、まずはサプリメントの
成分をよく確認し、特に妊娠中や授乳中の女性は、体に害が及ぶ心配のないサプリメントを選びたいものです。

 

○天然原料を使ったサプリメント
天然由来の原料を100%使っているという事をセールス・ポイントにしている葉酸サプリメントも多数存在しますが、
一口に「無添加」と言っても、内容が異なる場合があります。
商品の説明書等をよく読んで、無添加になっている成分を確かめてみる事です。商品によっては、よく見てみると
「無添加」の内容が、合成保存料や、人口甘味料、香料のみが無添加という場合も見られるからです。
一般的に、天然由来の原材料100%のサプリメントは、若干価格が他の商品より高くなっています。けれど、
摂取してからの吸収率が他と比べて高いという事から、少量で必要な葉酸を摂取できますし、
追加して飲む事も少ないでしょうから、かえって安心で、お得に葉酸が摂取できるというわけです。
購入がこちらで紹介されているのがおすめです⇒妊娠準備 サプリ

葉酸と産み分けの関連性

結婚をし、子供を望む場合、生まれてくる赤ちゃんの性別は、両親にとって関心の高い問題でしょう。健康なら
男女どちらでもいいという方もいると思いますが、いろいろな事情により、どうしても男の子、あるいは女の子が
欲しいという、いわゆる産み分けを希望する方も、少なくないはずです。
現在では、いろいろな産み分けの方法が確立されており、その成功率は80%近いといわれます。
必ずしも成功するとは限りませんが、ご夫婦で実践しやすい方法を紹介します。また、葉酸が、赤ちゃんの
産み分けにどのように関わるのか、お話しします。

 

○男女を産み分けるには
男女の性別は、染色体の組み合わせによって決まります。人間が持っている、染色体の23組目が、xxなら女の子、
xyなら男の子になります。二つの性別を決めるx精子は酸性に強く、y精子はアルカリ性に強いという精子を持つため、
排卵日を予測して、産み分けをしようという方法があります。
女性の膣内は、通常の状態ですと酸性なのですが、排卵日が近くなってくると、アルカリ性に変わっていきます。
ですから、女の子が欲しい場合は、排卵日の二日前を性行の日に決め、その後は避妊、あるいは性行為を
中止します。男の子が欲しい場合、排卵日当日を性行の日に決め、その後は避妊するという方法です。
この方法は、薬などを使わずにできる、ご夫婦で取りくみやすいものですが、成功率が格別に高いとは言えません。
どうしても男女の産み分けを望まれる場合は、産婦人科等、専門の機関で相談し、より確立の高い
方法で取り組まれることをおすすめします。

 

 

○葉酸で排卵のサイクルを整える
男女の産み分けを考える場合、女性の排卵日を知ることが重要なポイントになります。
毎月、規則正しいサイクルで、排卵日が来る方でしたら、さほど難しくはないのですが
体調の不良等で、なかなか予測が難しい場合もあるでしょう。普段の体調を整え、規則正しい
排卵のサイクルを作るためにも、体のバランスを整えてくれる葉酸を毎日摂取したいものです。
葉酸は、男性の健康な精子の生成にも関わっていますので、女性だけでなく、男性も一緒に摂取するのが
望ましいのです。産み分けを考える前に、まずはプレママ、プレパパの体調を万全にしておくことが大切です。

 

プラズマ脱毛とは

プラズマ脱毛とは

 

プラズマ脱毛は、キセノンフラッシュという光線を使って行う脱毛の事で、今ではとても一般的なものになっています。
今までの医療用のレーザーよりも波長が長く、光の力で毛根を焼いてムダ毛をなくしていく処理方法です。
痛みが少ないためとても人気があります。

 

同じ脱毛の方法に、LPI脱毛というものがあります。
プラズマ脱毛はLPI脱毛と同じ原理ですが、光源が違い、痛みが少なくて済むうえに短時間で広範囲の施術が可能になるため、取り入れているサロンもたくさんあります。
さらに、光の出力は調整できるので、お肌にもとても優しく、肌荒れを起こしてしまう可能性は極めて低いものとなっています。

 

脱毛は、特殊な光を毛根に当て、メラニン色素を焼くことで行われます。
焼くというとちょっと怖い気もしますが、医療用のレーザーの為とても安全です。
脱毛の前には、必ずエステティシャンとのカウンセリングがあります。
不安な点は、このカウンセリングの時に解消しておくようにしましょう。

 

通常、1ヶ月に2度のペースでレーザーを照射し、5〜8回の施術で脱毛が完了します。
1ヶ月の間に3回4回通う事ができるのかというと、それは無意味になってしまうのでできません。
毛は、生え変わりがある毛周期というものがあります。
毛が生えてくるタイミングで、レーザーを照射しなければ意味がなくなってしまいます。
その為、多くのサロンは毛周期に合わせて月2度くらいずつ通うことをお勧めしています。

Oライン脱毛の人気サロン

Oライン

 

Oラインは、ビキニラインに総称されますが、具体的に言うと肛門周りの毛の事です。
ビキニラインは、Oラインを含む、IラインVラインの事を言います。

 

Oラインには、男性でも女性でも多かれ少なかれ毛が生えています。
思春期には、嫌だと感じた方も多いかもしれません。
また、排便時に気になる方も多いようです。
確かに、ふき取りの時にきちんと取れないのは、衛生上良くありません。

 

ただ、Oラインは気になったからと言ってすぐに自己処理できるような場所でもありません。
とても見えにくい部分なので、無理に行えば、逆に傷つけてしまう可能性があります。
傷ついたまま生活していると、そこから化膿して大変な事になってしまいます。
さらに、感染症にかかってしまう危険もあります。
また、デリケートな部位なので、除毛クリームを使うなんてとんでもない事です。
どうしても気になる方は、脱毛サロンに相談してみてください。

 

サロンでは、うつ伏せに寝た状態で肛門部分を開いてレーザーの照射を行います。
かなり恥ずかしい格好になりますので、勇気がいるかも知れません。
また、多くの人が色素沈着している部分なので、ワキや腕などの脱毛よりも痛みが伴います。
また、こうしたデリケートな部分の脱毛は、できるサロンも限られてきます。
どうしてもOラインの脱毛をしたいと思う方は、事前に良く検討し、エステティシャンとよくカウンセリングをし、信頼できる方に施術を依頼するようにしましょう。
脱毛は、毛の生えてくる周期に合わせて何度か通わなければなりません。
そのあたりと踏まえ、検討してみてください。

更新履歴